マスクをかける女性
  • ホーム
  • リレンザを使う際の注意点

リレンザを使う際の注意点

マスクをかける女性

リレンザを使う際の注意点は、出来るだけ早く用いることですが、48時間以内でなければ、インフルエンザウイルスの増殖を防げないので覚えておくとよいでしょう。
3~4日が過ぎてから使っても、あまり意味がなく、高熱や筋肉痛、関節痛、下痢などに苦しみながら、もっと早く使用すればよかったと後悔することにもなりかねないので、熱っぽいとか体が痛いと感じたら、すぐに吸入することをおすすめします。
リレンザは吸入薬なので、タミフルのように水などで飲めばOKというものではありませんが、吸入薬の方が局所的に作用するため、副作用が起こりにくいと考えられています。
タミフルの場合は、子供の異常行動などが問題になったこともあるので、それが気になる方は利用できませんが、リレンザならそんな心配をしなくても済みます。
吸入薬を使ったことがない人には、少し扱いが難しいかも知れませんが、使用するうちに次第に慣れていくでしょう。
またリレンザには、吸入する粉末内に乳蛋白が含まれているため、牛乳や乳製品にアレルギーのある人が使用すると、アレルギー症状があらわれることがあります。
他にも、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患など、呼吸器に問題を抱えている人が使用する場合は、発作が起こったり、病状が悪化する可能性があるので注意が必要です。
喘息用の吸入薬を併用したいときは、喘息用の吸入薬を先に使用した方がよいので、詳しいことは医師に尋ねるようにしてください。
妊娠中や授乳中の女性が使っても、特に影響はないので、インフルエンザになったらためらわずに、すぐに使用するようにしたいですね。
薬の赤ちゃんに対する影響よりも、インフルエンザの方が怖いので、重症化する前に治すことが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧